CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
様々に去来する思いを透かして
愛するチベット民謡を感じてくれたら。
エマレホー、Tibetan Indigenous Music!
なんて素晴らしい!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2015.06.01.Mon | -
プカリプカリと流されてまた一曲
歌っているとふと自分自身に動機を問われる時がある。
自分は何のために歌っているのかとか、私の歌は何をしたいのかと問えば、そこにひとつの動機が立ち現れる。
全く趣味の異なる人、違うテーマを生きている人にそっぽをむかれたり、逆にいたく感動されたりするような他人の『評価』のために歌うわけにはいかない。
それではただ気に入られるようにメロディーをきれいに歌ってみせているだけだ。
それにいくら努力したところで全員を喜ばせることは不可能というもの。
そうなれば当然自分自身の納得のできる歌とは何かという問題になる。
納得できていない歌を歌うのは腑に落ちない説教を言葉だけでしているのに似ていて、終わったらさっさと舞台を去りたいような気分になってしまう。
ショーをしても後味が悪い。
自らがしっかりと納得できれば自己チューの音楽ではなく、そこで他者が喜ぶ歌と通底するはずだ。
別に自己チューソングでも構わないんだけれど。
せっかくショーの会場まで足を運んで下さった聴衆の皆さんのために、といろいろ考えるのは、あくまでも皆さんを尊重したいという、人との関係の問題であって、歌そのものと私との関係とはちょっと違う。
そして、限られた時間内にいかにチベット音楽の素晴らしさ、心地よさ、歌い手の私自身の気持ちよさを伝えられるかという側面も、曲のアレンジやショーの構成などに関わってくるが、これもまた然り。
つまり音楽活動と歌そのものとの違いというのかなあ。



チベット音楽には実に様々な種類がある。
私はただ知っている範囲内の好きなメロディーを練習してきたのだが、「あなたはチベット民謡を歌うのをあきらめた方がいい。」と言われた友人の歌手に、この地方のこの歌なら彼女なりの歌として歌えるはずだとアドヴァイスしたことから、じゃあ私自身はどうなんだとふと立ち止まったのだった。
好みや目的や声質や相性や意味や幸運etc.etc.から歌える歌は?
こうやって絞り込んでいくと、今までの漠然とただただ広大なチベット民謡の世界が半分ほどになり、具体的に手に掴もうという動きになってきた。
これとこれとこれを歌おう、この楽器とこの歌唱法は必ずものにしよう、と。
逆に今までしゃかりきになってやってきた曲が、これはおまけでやればいい、これは冗談で弾いてみようとながせるようになった。
全チベット民謡をやろうとするのは、『専業プロ歌手』ではなくて『歌う専業主婦』の私には混乱を招き、負担を増やし、絶望に近寄るだけだ。



仏教と歌の接点にグッルというものがある。
お経や聖者の詩にメロディーがついたものだ。
声明のようなもの。
ぞっこんなのだが、今回、生(ナマ)の先生につくことはかなわなかったが、どうもあきらめないでもよさそうだ。
7人のタンカ絵師と、なんだかこれでもかこれでもかというようなしつこい出会いをして気になっていたのだが、もしかしてこれは!と、ある日ひらめいてしまった。
そうえいば、リンポチェから「是非グッルを歌いなさい」と言われたこともあったなあとか、親しいチベット人アーティストもタンカを描くようになったんだっけとか、母も仏画を描いているんだったと思い出した。



外国に住む外国人の私は、チベット人以上に運にまかせて学ぶしかない。
いくら求めても先生を見つけることがかなわぬ時は、手放してやってくるものをやってくる時に受け入れよう。
するするとうまく行く方向に。



ひとつの縁がそれからそれへと運んでいった
縁ある方へ運んでおくれ            (トゥシェ『ONALAKS』より抜粋)



そうすると自分にも思いも及ばなかかった分野に分け入ることとなるが、それでよいに違いない。
これも仏様のお導き、と思えばもったいないくらいだ。






amlet

2008.12.15.Mon 14:41 | チベット音楽文化
スポンサーサイト

2015.06.01.Mon | -

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.