CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
様々に去来する思いを透かして
愛するチベット民謡を感じてくれたら。
エマレホー、Tibetan Indigenous Music!
なんて素晴らしい!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2015.06.01.Mon | -
戯れなら選択だ
なんだかんだと書いてきたのだけれど、実は、全ては宇宙の揺らぎにすぎない。
コズミック・ダンス? 幻影? 光のきらめき? カルマの風の動き? 湖のさざ波?
何と呼んでも構わないが、善も悪もなければ、上も下もなく、被害者も加害者もない。
従って、何かを語るのも戯れているにすぎない。
このブログもそういうこと。
皆が、皆の抱えられる分だけ抱え、それたいだけそれたりしながら、好きなように自らの生き様を体現している。
それならば、もっと見たいものを見たらいいんだ。
人は見ようとするものを見るのだから。
悲惨さから目を転じ、チベットの凛とした立ち姿にみとれようじゃないか。
デモで表現するのは構わない。
それは表現だ。
苦しみ、悲しみが湧いてきて仕方がないよ、止めて欲しいんだという気持ちを外に表している。
しかしそこにロックされてしまっては、もしかしたら状況を長引かせてしまうかもしれない。
子供達だってかわいそうがってばかりいたら前に進めないだろう。
彼らの独自の美しい文化や貴重な文化遺産や今まさに生き生きと息づいている人間らしさにフォーカスし、どんな状況でもやっていけると思えるような方向にエネルギーを注いだらどんなに役に立つだろう。



だからもしも気に入ったならばチベット文化に魅了され、それを讃え、それを手に取ってみたらいい。
もしそうしたいならば。
仏教や医学、旅、民族衣装や仏具、チベット語、写真、動植物、歴史、政治、伝記、昔話、ヒーリング、チベット人との交際、アクセサリー、そして音楽・・・。



私にできることと言ったら、チベット人や彼らの音楽文化の素晴らしさを感覚的に伝えること。
『歌の国』
チベットの別名だ。
それほどざくざく宝の山なのだ。
一つ手に取ってその輝きに目を奪われ、ほれぼれとしていると、さらに視野の中にさらなる輝きを放つ宝がそのきらめきを見せてくれる。
私は何年も演奏しているが、次々にそれぞれの曲や地方の異なった魅力に心を奪われ、未だ飽きる事がない。
習得にはちょっと手を焼くから、また手応えがあって病みつきに。
新たな分野をある程度練習していくうちに、「ああ、こういうことか。」とそのツボなり個性なり魅力が見えてくる瞬間が訪れるのがたまらない。
そうすれば、その新たに発見したゾクゾクに乗せて演奏ができるのだ。



馬の並足から速歩へと変わるようなアップテンポパートへ移る瞬間。
いつのまにか恍惚な状態へと誘う、延々と繰り返される心地よいテンポ。
会話の楽しさがある歌垣のやりとり。
数え歌のようなかわいらしさのある、パターンの一定した歌詞。
ん〜快感快感!快感だあーっ。
・・・と失礼、つい、自分の世界に入ってしまいました。



今オペラを聴きつつこれを書いているのだが、凛々しさに聞き惚れてしまう。
聞くだけでなく実際に習うことによって見えてくる違いがわかると、味わいがぐっと深まる。
ロングトーンはこんなにロングだ。
こんなに力強い声のままこぶしを回していたんだ。
こぶしのいろいろな種類にも様々な美しさがあるなあ、などと。
1人2人、大好きなアーティストができるとまた違った鑑賞となる。
他のアーティストとの違いが見えてくるころには、自然とチベット音楽文化の肌に触れる入り口に立っている。
そこへ皆さんを誘うためにできることをさせていただきます。





Reading Lhamo







2008.12.15.Mon 14:43 | チベット音楽文化
スポンサーサイト

2015.06.01.Mon | -

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.