CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
様々に去来する思いを透かして
愛するチベット民謡を感じてくれたら。
エマレホー、Tibetan Indigenous Music!
なんて素晴らしい!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2015.06.01.Mon | -
せつない汗
3月10日の人権要求デモ。
今年はチベット本土で、デモに参加したチベット人80人程が中国政府に殺害されたらしい。
米国がお墨付きを与えたばかりのオリンピック開催予定国での人権侵害行為とあって、世界中が注目して報道しているようだ。
この亡命政府本拠地でも例年のごとくデモが淡々と行われたが、翌日様子が変わった。
このニュースをラウドスピーカーで知らせながら町中を車が回ったのだ。
それからは、デモは一向に終わる気配はなく、毎日国旗を持ってバイクに乗ってデモをする若者を目にするようになり、100人ほどのチベット人は小屋にこもってハンガーストライキをし、町中のチベット人商店が店を閉めた。
昨夜は、夜九時に屋根かバルコニーにろうそくを灯すようにと、多くのろうそくが町中で配布された。
今も、1時間ごとに声高に主張を繰り返し町を練り歩いているグループの声が近づいては遠のき、またやってきては去りしている。
No killing in Tibet!
文字だけとは異なり、こう叫び続ける汗ばんだチベット人の息づかいを間近で感じる時、胸が熱くなるのをどうしても止められない。
No killing in Tibet!
No killing in Tibet!
No killing in Tibet!


crying man


お願いだから、お願いだからチベット人を殺さないでくれ!
命を奪うことを止めてくれ!
Stop killing in Tibet!
Stop killing in Tibet!
Stop killing in Tibet!

何度も何度も何度も彼らは同じ場所に立ったまま繰り返す、繰り返す....

せつない........なあ.......
本当にせつない。
こんな理不尽なことが起きるのか、まさに信心深く虫も殺さぬ仏教徒であるこのチベット人達の身に。
   
                  

2008.03.29.Sat 19:49 | Happy Free Tibet
スポンサーサイト

2015.06.01.Mon | -

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.