CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
様々に去来する思いを透かして
愛するチベット民謡を感じてくれたら。
エマレホー、Tibetan Indigenous Music!
なんて素晴らしい!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2015.06.01.Mon | -
不便の効用
これは全世界共通だろうが、不便さが人と人を結びつけることも知った。

不便だとどうなるか?
情報を入手するためには人に訊く必要が出てくる。
しかもそれは、めまぐるしく変化する最先端のものでなく、生きる知恵という情報。
だからお年寄りも活躍する。
「夏になったら、10分は水を沸かさないとお腹をこわすよ。」
「こういう荷物はこうやって縛ると担いでも落ちないんだ。」
そして、latest newsはおじさんたちが運んできてくれる。
「今日町に行ったら、タクシー代がずいぶん値上がりしてたなあ。」
「あの病院には今度新しく良い医者が来るそうだから、お前達が何かあったらそこに行くんだぞ。」

だから、若い人たちもそういう大人達の話を聞くために同じ場にいる。
そうしなければ、町に行く時お金が足りなくなるかもしれないし、荷物が途中で落ちてしまうかもしれないから。

困ったときも然り。
水漏れしてクラシア◯に携帯で電話して、料金を支払ってさようなら、ではなく、知り合いに頼って、器用な適任者を呼んでお願いする。
終われば、お茶が出てきて、水漏れ話に花が咲き、ついでに世間話がそれに続き、
「本当に助かったよ。今日はありがとう。また何かあったらお願いね。」
「いやいや、お互い様だよ。いつでも言ってくれ。」
頼んだ人は感謝の気持ち、頼まれた人は人の役に立てた満足感を持って別れる。

私は不便さがこんな風に人の心に影響するということが、不便な生活をして初めて実感できた。
助け助けられの心地よさを、世話好きチベット人の村人達によって教わった。

もちろんさらに気がつけば、物事がさっさと進まないので時間の余裕があるというのが不便な生活の土台をなしている。
実際こういう社会に身を置いてみると、暇な時間にはやることがないために、些細な変化に飢え、見つけたらそれをおもしろがろうとするし、人とゆっくり話をしたいと思っている自分に気づく。

好奇心旺盛と人好きの芽が出てくるのだ。

おまけに、サバイバル能力が必要だから、やる気も湧いてくる。
ある古武術の本の中で肉体の作用について、
『平坦な舗装道路を歩いていたのではやる気が萎え生命力が衰える。
でこぼこ道、石だらけの道、山道を歩いているだけでも、非常に効果的。』
というようなことが書かれていたのを思い出した。

ん〜、道も私を変えていたのか。

2008.04.24.Thu 12:50 | チベット人
スポンサーサイト

2015.06.01.Mon | -

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.