CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
様々に去来する思いを透かして
愛するチベット民謡を感じてくれたら。
エマレホー、Tibetan Indigenous Music!
なんて素晴らしい!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2015.06.01.Mon | -
生物事典
小バエ
大蜘蛛
ヒル
ミニごきぶり
巨大なめくじ

小バエは野菜か果物に卵があるのか(ぐっえええ)時折大発生して、台所に入るのが恐ろしくなる。
蜘蛛は大柄で、益虫とは言え、夜中に顔の上でも這われた日には卒倒してしまいそうだ。
夕べなど、体長10㎝もある蜘蛛が枕元に潜んでいた!
Yes! ヒル。
ヒルいます。
ええい、こんな私の汚血などくれてやるっ!
7匹捕獲して外に放り投げました。
雨上がりには小ぶりのバナナ程はあるなめくじが這っている。
一応(!)殺生はペンディング。

インドの虫や鳥は動きがにぶい上に、かなり近づかないと逃げて行かない。
昨晩顔に何かがたかってかゆかった時、うとうとしていて、つい手でつかんでしまったら、感触上ハエだった。
!!!パキーンと目が覚めて、思わず手を放した。
時々素手でハエを捕獲するチベット人を見かけるが、案外できそうなこと。
ここの雀は10センチに迫っても逃げて行かない。
日本ごきぶりとインドごきぶりの100mm走をすれば、当然日本の圧勝だ。

けれどもガッツのある生き物には注意。
先日、日本人のHさんが洗濯物に潜んでいたサソリにさされたという話をきいたし、TCVには真夜中に熊が出没して、寮の中学生が顔をひっかかれたらしい。
去年滞在したときは、息子と遊んでいたゲストハウスの女の子を、猿が屋上から飛び降りて襲撃した。
犬は先日書いた通り。
現地の人もうっかり猛犬に出くわして、慌てて階段を降りようとして転げ落ち、足を骨折した人もいるらしい。
頭部だけ残して猿を食らう犬もいるとか。

くわばらくわばら。

2008.04.30.Wed 18:28 | インド
スポンサーサイト

2015.06.01.Mon | -

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.