CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
OTHER
様々に去来する思いを透かして
愛するチベット民謡を感じてくれたら。
エマレホー、Tibetan Indigenous Music!
なんて素晴らしい!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2015.06.01.Mon | -
メラメラ祭りだ、祭りだあ
 インドのお祭りが始まった!

何の?かよくわからないのだけれど、ジョギワラ・ロードという通りに屋台がずらりとならんでにぎやかだ。

ここが終わるとまた次の開催地、また次の開催地とインド中を回るのだそうだ。

日本のお祭りを恋しがっていた息子も大喜び。

竹の柱にブルーシートの即席出店に、すごい数のおもちゃやアクセサリー、家庭雑貨、飾り、古着・・・。

しかしこれだけガラクタが並んでいると、選びたくなるのだ(!)。

『ゲテモノ』、『まずうま』、『通好み』が山とディスプレーされている。

へこんだ顔の赤ちゃんやら、ねずみだか馬だか犬だかわからないゼンマイ仕掛けの人形やら、空き缶を切り抜いて作ったようなブレスレットやら、鏡に派手なアニメーション風神様が描かれた壁掛けやら・・・。

んっふっふ、私はこういうの結構いけるんです。

自分のために10ルピー(約30円)のイヤーカフをひとつ買い、撮影大会だ。




息子にはお小遣いを渡し、例の3人の子供達には見繕ってお土産を買った。

太陽君と蜂の子君には、TCVで流行中のプロレスのレスラー達がカードになっているものを発見して即決。

しかも嬉しいことに、教室でなりきっているというそのレスラーが表紙のカードケースがそれぞれあったのだ!

やった、やったー。

え〜と太陽君は、いわゆるレスラーらしくなく、野球帽に半ズボン、Tシャツ姿で登場し、リングに立つとさりげなくレスラー化するところがクールな、元アーミーのつよ〜いジョン・セナ。

蜂の子君は目つきがいかにも凶暴で、絵に描いたようなレスラー歩きで登場してくるアンダティカ。

ちなみに息子は、長年鍛え込まれた筋肉が威厳を語る、誠実そうないぶし銀の中年の魅力バティスタ。

・・・レスラーの解説者になってどうする!

月子ちゃんにはハートのブレスレットと、私とお揃いのイヤーカフ。




んん? 人だかりがしている所は、古着屋か。

中国語や日本人の名前が刺繍してあるジャージなんかが山と積まれている。

北京オリンピックの残り物?

造花屋だ・・・そういえばこの町には花屋というものがない。

焼き鳥やたこ焼きはないけれど(食べたい・・・)、おやつだって大きなフライパンで作った揚げたてホヤホヤのを売っている。

想像以上においしかったので、授業の合間のブレイクのためにみんなの分も買って持たせた。

太陽君は、「第2土曜日に町に行ったら、僕、このおやつを山ほど買うぞお〜!」と雄叫びをあげたそうだ。

おっと、数ヶ月前に実は彼のために半年分のお小遣いを事務所に預けておいたのだ。

彼の意欲満々のつり目が目に浮かぶ・・・そんなに喜んでくれてよかったぞお〜。


翌日疲れてしまってなんと息子は学校を休んだというのに、夕方に回復すると、散歩に出たいというので仕方なくドアをあけ、坂を上ろうとすると目の前に悟君達兄弟が。

タイミングが良すぎる!

「メラ(ヒンディー語でお祭り)行くか?」

「ね、いいでしょ?おかあさん。」

これだけタイミングが良くては神の采配(大げさ・・・)としか思えない。

許可するしかないでしょう。

「いいわよ、いってらっしゃい。」

悟君なら、安心して預けられる。

んじゃま、私は部屋で一休み・・・とお茶を飲んでゆったりと歌詞の暗記なんかしていると、帰って来た。

DVD見せて欲しいんだって。」

とぞろぞろと4人が入って来た。

仲良し4人組はベッドにずらりと並んで鑑賞。

いいな、いいなあ。

あとで聞いたところによると、悟君はお祭りで息子にいろいろとごちそうしてくれたそうだ。

ん〜、よその子から愛情をもらって、息子はまた人格の底がほんの少し深くなったことだろう。






































2008.11.07.Fri 15:15 | インド
スポンサーサイト

2015.06.01.Mon | -

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.