CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
様々に去来する思いを透かして
愛するチベット民謡を感じてくれたら。
エマレホー、Tibetan Indigenous Music!
なんて素晴らしい!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2015.06.01.Mon | -
民謡輪廻
ふと気付けば、このポイントはチベット仏教の輪廻の考え方と無縁ではないだろうという気がしてきた。
無理なくやってみてうまくならなければそういう認識をするしかない。
私はこの考え方で人生随分と楽になったのだが、つまりはこういうことだ。
輪廻思想になじみの無い方には奇異に思えるかもしれないが、私たちは皆、何度となく生まれ変わってきたのだから、生まれつき得意不得意だとか、いわゆる才能だとかが備わっているのも不思議ではない。
何もそれが立派だとかいうのではなく、前生やそのまた前生に少しずつ訓練が済んでいるか否かだけのこと。
一つの人生の間に、とてつもない努力ができる人がいるというのもまた、そういう素質や歩む道を意識的か無意識的かに関わらず選んだ結果である。
私のチベット民謡への傾倒もこれで説明できるし、ある程度から先なかなか上達しないのも説明できる。
まさにそこが私の今生に練習すべき段階、前生に適当に歌っていたツケなのかもしれないのだ。
逆に(誰であろうがわかるものだと思っていたがそうではないことを知って初めて気づいたのだが)、ある曲をCDで聞いたり、ダンスを何度か見るとそのツボがなんとな〜くわかるのも、前生に適当にやっていたお陰かもしれないではないかっ。
それから、歌い方や声の出し方のあっちこっちを取り出しては、その一つ一つの部分を訓練して作り上げていく方法を採らないということは、入り口が(出口もか・・・)全体性の把握、表現だということだろう。
ディテールを積み上げていくことから入って最後にそれらをつなげるという順番ではなく。
じゃあ細かなところはどうするかと言えば、ふふふ、無意識と体におまかせ!?としか解釈できない。



こういったことを認めれば、心地よい分だけ練習し、自分なりに上達すればよしとなる。
なんとのんびりした話だろう。
しかしそうなればしめたもの、まさにチベット人だ。
チベット民謡の門をくぐったようなもの!?
仮に、今生一発勝負なのだ、スタート地点は皆同じとなれば、出来ない自分が情けなくなってくるし、歯を食いしばって毎日何時間も厳しい練習に耐えてでも技を磨かなければ、だから出来ないんだということになる。
努力至上主義のような。
6〜70年程前にイスラム教徒と中国音大留学生とが共同アレンジした宮廷音楽ではなく、古い民謡であれば一般の遊牧民のものだから、技術面だけのことなら本来少し練習すればその人なりにできるようになるはず。
西洋のクラッシック音楽や中国音楽のように高度なテクニックの必要なものとは違う。
そしてチベット人には何回かの人生をかけてやるから焦らないという雰囲気が本当にある。



ところが、輪廻を超えて生き続けてきたこのゆったりした民謡に一つの運命が見えてくる。
民謡とは民衆の生きた音楽文化であるから、それが風土と切り離された現状では、チベット民謡が生きているとは言いがたいような状況にあるということだ。
少なくとも息絶え絶えになっている。
(亡命の風土と混じり合った、マサラ味などの亡命民謡というような概念で呼べるものは生きているようだが。)
ということはどういうことかと言えば、自然に口ずさむ環境にないわけだから、チベット民謡歌手はフィールドワーカーでなければならないということになってくる。
実際、TIPAもタントンルカルも先生や生徒達が芸術団から外に出て、民謡や舞踊をお年寄りから収集する作業を今も続けているから、様々な地方の様々な特徴を持つ歌を楽しむ事が出来ているのだ。
しかしそれも時間の問題。
収集に漏れてしまった歌達は輪廻することなく永遠に姿を消してしまう。
私たち日本人の耳にとっても体にとっても、おそらくは何か大切な、言葉にできぬ揺さぶりをかけてくれるものが永遠に消滅してしまうのだ。



イエー〜〜イエ〜〜イエ〜イエ〜エ〜〜〜ーーーイエイエ〜エ〜イエイエ〜
ドイスントゥーンイエ〜ズヤリエーイエーレンヤー



今日も朝から、女神先生のように長い一息で最初のフレーズを歌いたくて、喜んで苦しみながら山歌に励む。
抜けるような声で、のびのびと山歌を歌えるようになるのが今生かは神のみぞ知る。





panden triangles





2008.12.01.Mon 16:46 | チベット音楽文化
スポンサーサイト

2015.06.01.Mon | -

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.